Vol.008青森市新築コラム ~家の工法って?2~

一覧に戻る >

前回に続いては家の工法について説明します。

今回は壁式工法(面で支える)の工法です。

2.2×4工法(ツーバイフォー)

2インチかける4インチの角材が使われているとこからそう呼ばれる。

壁や床などの「面」で家を構成し、箱のような構造になっています。

 

長所

・耐震性能に優れている。

・現場での生産性が高い。

・工期が短い。

・耐力性能、断熱性能を向上させやすい。

 

短所

・輸入工法なため、施工法を知らない人が作ると欠陥住宅になってしまう。

・大空間がとりにくい。

・室内の音が伝わりやすい。

・壁で強度を持たせているため、増改築がしにくい。

・設計に制限がかかりやすい。

 

<こんな人におすすめ>

・はやく家を建てたい。

・地震や、火災に強い家を建てた。

・将来的に増改築する予定がない

北米の9割で採用されている工法です。工期が比較的短く、耐震性能、耐火性脳に優れているのが大きな特徴です。メリットも多いですが、建築中の雨に弱いという、大きな欠点もあります。こちらの工法を考える場合はどういう対策や、対応をしてくれるかしっかりと確認しましょう。

 

 

 

2017.09.30
一覧へ戻る

まずは資料を見て参考にしたい・検討したい方へ

圧倒的品質の秘密や違いが分かる!厳選施工事例・プラン集を無料プレゼント!資料請求はこちら

お客様の暮らしのご感想・どんな家を建てているか見たい方へ

お客様の夢と憧れを叶えた施工事例&お客様の声

MENU

モデルハウス 資料請求

閉じる