Vol.007青森市新築コラム ~家の工法って?~

一覧に戻る >

今回は家の工法について説明します。

家の建て方、工法は大きく分けて2つになります。

1つが、軸組み工法(柱で支える)、もう1つが、壁式工法(面で支える)の2種類です。

 

その中で各メーカーによって様々な特徴があります。

主な工法を説明します。

 

1.木造軸組み工法

日本の伝統的な家の建て方。

木造住宅の多くはこの工法で建てられています。

 

長所

・設計の自由度が高い。

・増改築がしやすい

・構造体に無垢材をしようすることができる

・通気性にすぐれてる

 

短所

・燃えやすい

・輸入材など材料にばらつきがある

・構造的な強さは筋交いによるため、筋交いのバランスが大事

・柱、梁、筋交いは補強金物などが必要

<こんな人に向いています>
・家の間取りやデザインにこだわりたい
・将来的に増改築を視野に入れている

昔からある工法で、現在でも採用しているところが非常に多い工法です。

短所もありますが、昔から研究されている工法ゆえに各メーカーで様々な方法で補っています。

 

 

 住まいの間取りや丈夫さ、コストや施工期間など、住宅工法によって大きな差が出ます。

それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握して、条件に一番ふさわしい住宅工法を選ぶようにしましょう。

次回は2×4工法です。

 

青森市で新築住宅建てるなら、リフォームするならサイトーホームグループにお任せください!

2017.09.25
一覧へ戻る

まずは資料を見て参考にしたい・検討したい方へ

圧倒的品質の秘密や違いが分かる!厳選施工事例・プラン集を無料プレゼント!資料請求はこちら

お客様の暮らしのご感想・どんな家を建てているか見たい方へ

お客様の夢と憧れを叶えた施工事例&お客様の声

MENU

モデルハウス 資料請求

閉じる