Vol.269【青森家づくりコラム】賃貸か新築か

一覧に戻る >
青森で新築戸建てのマイホームをご検討中のみなさんこんにちは。

青森の新築注文住宅のご計画を進められている方の中には、現状の青森の賃貸での住まいへの不安や不満を持っている方が多くいらっしゃいます。
例えば子どもも大きくなり手狭になったり、それぞれの部屋が確保できずにいろいろと周りに気を使ったり、また周囲の音が気になったりと。
このまま賃貸での暮らしを続けるのか、青森で新築注文住宅の購入を検討するのかどちらが良いのかを一緒に考えてみましょう。



青森での賃貸の場合は、家賃と光熱費、管理費以外に大きな出費は少ないです。
しかし、何十年と家賃を支払い続けても、青森の新築注文住宅と違って自分の財産として何も残らないデメリットがあります。
 賃貸は定年退職後に収入が減った場合でも支払いが続きますから家賃の負担がより大きくなることが考えられるでしょう。


青森で新築注文住宅を購入する場合は住宅ローンの支払いに加えて、固定資産税や家が古くなった際の修繕費用がかかります。
青森の新築注文住宅で住宅以外にかかる費用は賃貸よりも高くなる傾向にありますが、住宅ローンを完済すればその家は自分の資産となります!
何十年とローンを支払い続けるのが大変という意見もありますが、支払い続けるのは賃貸も同じですよね。

また、太陽光搭載のZEHでマイホームを建てた場合には、青森で建てたマイホームで使用する電力は自分たちで賄える部分も大きく、また、余った電力は売ることもできますので、意外と今の賃貸の家賃と光熱費を足した総額よりも月々の支払いが安くなるケースも多くあります。



青森の住宅に係る住宅ローンには終わりがありますが、賃貸は住み続ける限り家賃等が終わりなくかかります。
また、実際に居住することを考えると、賃貸の場合は大きなリフォームができなかったり、
ペット禁止や、壁に釘打ち禁止など様々な制約があります。
転勤が多かったり、いろんなところに住んでみたいという願望がある人には、簡単に移り住むことができる賃貸は魅力に感じるかもしれません。
 

一方、青森で新築注文住宅を購入した場合は、リフォームやペットは全て自由ですし、
物件の広さも一般的に賃貸より広い傾向にあり、キッチン等の設備も整っている場合が多いです。


その反面は簡単に転居することはできなくなるので、その場所に長く住んでいく心構えは必要になってきます。
これから先賃貸に住むか新築を建てるかについては、ライフスタイルによるメリット、デメリットが出てくると思いますが、青森の新築住宅で『家族とのコミュニケーションを大切にしたい』『子供の教育環境を整えたい』
『将来的に親との同居を考えている』『夫婦のセカンドライフを充実させたい』
とお考えの方は青森での住宅の新築をおすすめします。

まだすぐには・・・という方も、これから先の将来に必ず検討することになるでしょうから、早いうちに青森での新築注文住宅の購入に向けて一歩踏み出してみてはいかがでしょう。
そんな、青森の新築注文住宅購入への第一歩としてオススメなのがZEHスマートハウスをご提案しているサイトーホームへのご来店になります。
どんなお悩みでもお答えします。ぜひ一緒に解決しましょう!




サイトーホームのモデルハウスはこちらから

スタッフ紹介はこちらから

 
【サイトーホーム公式ライン】
イベント情報などお役立ち情報配信中!
ぜひお友だち登録お願いします!!

友だち追加
2020.05.31
一覧へ戻る

まずは資料を見て参考にしたい・検討したい方へ

圧倒的品質の秘密や違いが分かる!厳選施工事例・プラン集を無料プレゼント!資料請求はこちら

お客様の暮らしのご感想・どんな家を建てているか見たい方へ

お客様の夢と憧れを叶えた施工事例&お客様の声

MENU

モデルハウス 資料請求

閉じる