Vol.299【青森家づくりコラム】高性能/高断熱な家づくりを実現したいならご参考に!

一覧に戻る >
青森で新築マイホームをご検討中のみなさんこんにちは。

青森で新築注文住宅、ZEH住宅をご検討中の方の中には、青森の寒さにも負けない、住宅性能の高い家づくりをお望みの方もいらっしゃるかと思います。
今回は、高性能な家づくりのため、住宅性能を表現する言葉をいくつかご紹介させていただきます。




●熱損失係数
熱が逃げにくいことを表す値で、住宅の断熱性能を表します。断熱性能は、住宅の床、外壁、天井、屋根、開口部、換気などの部材から逃げる熱の量をもって判断します。
熱損失係数をQとすると、Qが小さいほど逃げる熱の量は少なくなるため断熱性が高い一方、Qが大きいほど逃げる熱の量は多くなるため断熱性が低いことを表します。

青森の冬の寒さに耐えうる家を作るなら、断熱性が高い家を目指すと言いますが、これは、
断熱性が高い=家の中の熱が逃げにくい=暖房の効率がよい=省エネ性能が高い=Qが小さい ということです。


●相当隙間面積
家の隙間を表す値で、住宅の気密性能を表します。延床1m2に対してどれくらいの隙間面積があるのかと表現します。
相当隙間面積をCとすると、Cが小さいほど隙間は小さくなるため気密性が高い一方、Cが大きいほど隙間は大きくなるため気密性は低いことを表します。

熱損失係数の場合と同様、
気密性が高い=家の中の熱が逃げにくい=暖房の効率がよい=省エネ性能が高い=Cが小さい ということです。


いかがでしたか。青森の新築注文住宅、ZEH住宅で断熱性が高い家づくりは、将来的にも非常に大切です。青森で家族全員がより幸せに過ごせる空間づくりをご検討されている方は、高断熱な住宅の施工実績も豊富なサイトーホームへご相談ください。





サイトーホームのモデルハウスはこちらから

スタッフ紹介はこちらから

 
【サイトーホーム公式ライン】
イベント情報などお役立ち情報配信中!
ぜひお友だち登録お願いします!!

友だち追加
2020.07.20
一覧へ戻る

まずは資料を見て参考にしたい・検討したい方へ

圧倒的品質の秘密や違いが分かる!厳選施工事例・プラン集を無料プレゼント!資料請求はこちら

お客様の暮らしのご感想・どんな家を建てているか見たい方へ

お客様の夢と憧れを叶えた施工事例&お客様の声

MENU

モデルハウス 資料請求

閉じる